ハローワーク求人情報ネット

みんなでひろげよう、求人の輪!

転職の時って何が必要なの!?マイナンバー?住民票は!?

面接時に必要な持ち物!

 

エントリーシート(履歴書)

事前送付でない場合、必ず必要なので用意しましょう。
コピーしておくと面接前に事前に確認することが出来るのでなおよいでしょう。

書類が入る大き目のカバン

エントリーシートや履歴書、職務経歴書などの書類が折れないようA4サイズ以上入るカバンにしましょう。
応募書類を封筒に入れる際、クリアファイルに入れると折れ曲がらず渡せるので綺麗な状態で渡せます。
会社の資料をいただくこともありますので、余分にクリアファイルを持ち込むとよいです。
 

筆記用具

事前に求人情報に記載されていると思いますが適性テストや筆記試験がある場合があります。
ボールペン、シャープペン(鉛筆)、消しゴムは最低限持っていくようにしましょう。
 

スケジュール帳(手帳)

2次面接の日程のお知らせや、質問内容をメモするときに必要です。
また説明したことを質問で繰り返しては聞いていなかったのかなとなります。
説明に対して質問を掘り下げることは大切なのでこまめにメモすることをオススメします。
また転職の際、同時に面接をいくつか受けられるかと思いますので日程・時間を間違えて
他社に迷惑をかからないようにスケジュールをまとめることが必要です。
 

会社資料

面接会場に向かう途中、おさらいをして面接に備えましょう。
また電車遅延での遅刻などの場合、連絡をしないといけないので電話番号が記載されている資料も必須です。


以下は自身持っていて良かったと思った持ち物です。
 

折りたたみ傘

突然の雨で濡れた状態で面接を行うとならないよう気を付けましょう。
履歴書・職務経歴書などの応募書類が濡れてしまっては大変です。
天気予報は当日家に出る前にチェックしておきましょう。
 

印鑑

事前チェックは必要ですが、書類の押印忘れてしまった場合に備えて持ち歩くことをオススメします。
 

モバイルバッテリー

面接場所まで携帯の地図を見たり乗換案内を見ると思います。
電池がなくなってたどり着けなかったり遅延の電話ができないと困るので備えておくとよいかと思います。
 

※もし持っていくのが間に合わなかった場合
エントリーシート、履歴書、職務経歴書は持っていないと面接ができません。
最悪電話で事情を説明し、自宅もしくは印刷出来る環境で書き直しましょう。
筆記用具、スケジュール帳はコンビニ等で買うしかありません。
会社資料はスマートフォンでスクリーンショットを撮ったりやブックマークをしておさらいしましょう。
 

 

退職する際に必要になる書類!

健康保険被保険者証

健康保険被保険者証は会社をごとに加入しているため、退職時には返却します。
入社後、健康保険被保険者証を新しい会社で発行していただけますが
2週間程発行に時間を要します。保険証が手元にないとき、自己負担で通院しなければなりません。
その時は受診料の領収書を必ず保管しておきましょう。
自己負担した分の返還を請求することができます。
 

社員証、名刺

社員証がある会社の場合、返還を求められるので返却しましょう。
名刺も同時に会社に返却しておくとよいでしょう。
他の会社の方の名刺も返却を求められると原則返却する必要があります。

 

入社の際に必要になる書類!

入社前に事前準備が必要な書類

 

年金手帳(本人及び扶養者分)

年金の加入手続きのために必要です。
年金手帳は基本的に会社が保管しますが、コピーを取って返還する会社もあります。
またコピーを持っていく際は、基礎年金番号が写るようコピーしましょう。
年金手帳を紛失した場合は、再発行は可能です。
再発行の手続きは、被保険者の種類により若干異なりますので、詳しくは「日本年金機構」のホームページを閲覧ください。
 

雇用保険被保険者証

雇用保険被保険者証は雇用保険に加入しているという証明書です。
雇用保険の加入手続きは自身で行うのではなく、最初に就職した会社が手続きを行ってくれています。
退職する際に初めて本人に渡されるため、保持していない場合退職先の会社にお問い合わせください。
再発行手続きは、ハローワークで再発行してもらうことができますので最寄りのハローワークに行きましょう。
手数料などはかかりません。
 

源泉徴収票

源泉徴収票は年末調整に必要な書類です。
今年度の給料の受け取りがある場合は、前の職場から必ず源泉徴収票をもらうようにしましょう。
転職後の会社は、前の会社の給料分と今年度の給料分を合わせて年末調整をする必要があります。
年末までに退社かつ、今年度の給料の受け取りが無ければ提出不要です。
紛失した場合、源泉徴収票の再発行は税務署や役所などではできませんので発行元である会社に依頼するしかありません。
 

マイナンバー(本人及び扶養者の通知カードor個人番号カードのコピー)

マイナンバーは住民票を有する全ての人に1人1つの番号を振り分けられている12ケタの番号で、
その番号から個人の所得や年金、納税などの情報が紐づけられています。
2015年10月から同年の年末にかけて自宅へ送付されています。
紛失した場合、市役所、区役所などの町役場で手数料500円で再発行が可能です。
自治体によって金額が異なる場合がありますので事前に確認しておきましょう。

 

入社時に必要な書類

こちらは転職先から渡されるものであり、転職先の企業によって異なります。
入社する際、会社から提示いただけるので求められた書類を提出しましょう。
 

扶養控除等申告書

扶養控除等申告書は、給料を受けとる人が天引きされた所得税から
家族の事情などを考慮して調整を行い、過不足分税金を軽減するための申告書です。
年末調整で払い過ぎていた所得税は返却されます。
 

健康保険被扶養者異動届

健康保険被扶養者異動届は、配偶者や子供を自身の扶養にいれる際に必要な書類です。
扶養家族がいない場合、提出する必要はありません。


(画像は関係ありません)
 

雇用契約書

雇用契約書とは、会社側と労働者の間の労働条件を取り決めそれを書類にしたものです。
勤務時間や給料、休日、賞与などの条件が書かれており、両者捺印することで合意とみなします。
面接の際と条件が異なったりしてはいけないので必ずチェックしてから捺印しましょう。
 

機密・個人情報に関する誓約

採用され入社にあたり機密・個人情報に関して遵守することを誓約する書類です。
これは退職した際、他社に情報をリークをしたりして会社に損害を与えないようにする誓約書です。
記載されていることに反した場合、損害賠償が請求されることがあります。
 

身元保証書

第三者から入社する人が協調性を持ち、きちんと働くことができる人である保証と
入社後の会社に対する重大な損害賠償を起こした場合に保証する書類です。
 

銀行口座振込依頼書

給与の振込先を依頼する書類です。
 

離職票

離職票は退職後、10日以内に必ず発行される書類です。
退職すると、退職した会社から離職票が自宅へ届きます。
新しく入社する会社の手続きでは離職票は求めらることがほとんどないですが、
本当に退職しているのか確認するために提出を求められることもあるため残しておきましょう。

※もし持っていくのが間に合わなかった場合
こちらも事情を説明し、早急に用意しましょう。
最悪入社日がずれてしまう場合があります。
ただ入社時に必要な書類は再発行してくれるはずなので、
正直に報告を行い、誠心誠意謝罪することを心掛けましょう。

 

まとめ

転職活動など、身の置き場を変える時には適応される保険、雇用主が変わるため、思っているより面倒くさいことになります。
ですので、ダブルチェックを忘れないようにすること、余計なくらい確認することで、面接に行く際に「あれ?私書類持ってきたっけ?」と余計な不安をしないようにできます。