ハローワーク求人情報ネット

みんなでひろげよう、求人の輪!

転職先が黒すぎてヤバい…初めてのブラック企業対処法

皆さん、こんにちは。

私は20代半ばの頃、飲食店で正社員として働いたことがあります。

飲食業界はブラック企業が多いイメージがありますよね。そのイメージから外れることなく、私が勤めていた会社もブラック企業と呼んでも差し支えないほど条件の悪い会社でした。

その後転職してそれなりに自由を満喫できる仕事に就いていますが、皆さんの中にも今現在、自分の勤めている会社がブラック企業なのではないかという疑問を抱いている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回、こちらの記事にて転職先がブラック企業だった時の対処法と、本当に今勤めている会社がブラック企業なのか、見極められる境界線などをご紹介いたします。

ブラック企業だと判断できる場合、経歴に傷がつくことを恐れ再度の転職活動を行えないなどの障害も発生しますが、その辺りも含めご説明いたしますので、是非参考にしてみてください。

みんな名前だけは知っている。ブラック企業って具体的にどういう企業?

多くの方はご存知だと思いますが、大前提としてブラック企業の定義からご説明いたします。

ブラック企業とは、違法な雇用条件や常識外な労働環境を強いる会社のことで、雇用契約書に記載されている内容から逸脱した過剰労働を求めたり、常識的に考えて有り得ないほどの激務を労働者に求める会社のことを指します。

具体的にどれくらいの労働や条件を求められたらブラック企業だと判断できるのかは後述致しますが、体調を崩してしまうほど働かなくてはいけなかったり、うつ病を患ってしまうほど仕事で追い詰められてしまうようでしたら、勤めている会社がブラック企業である可能性は高いと言えるでしょう。

仕事内容のみならず、職場の人間関係や上司の存在などもブラック企業かどうか判断する材料となりますので、まずはブラック企業とはどんな会社のことを指すのか、境界線から知っておいてください。

 

もしかしてブラック企業...?判断できる境界線は?

それでは労働環境や条件から、転職先がブラック企業だと言えるのかどうかの境界線をご紹介いたします。

転職前と転職後で明らかに働く時間が長くなったとか、休日が少なくなったという状況に陥っている方もいらっしゃるとは思いますが、それだけではブラック企業だとは厳密に言えませんので、以下の境界線を元に転職先がブラック企業なのか見極めてください。

手当てが何も支給されない

ブラック企業の代表的な特徴の1つとして挙げられるのが、働いた上で支給されるはずの手当てが何も支給されない点です。

転職先で働いていて、残業をしたり休日出勤をした場合、その手当てはしっかりと支給されていますか?

資格を取得するよう会社から求められ、実際に資格を取得した後、資格手当てや受験費用の負担などをしてもらえましたか?

真っ当な会社なら上記の手当ては全て支給されると言っても過言ではありません。まったく手当てがない会社に転職した場合、ブラック企業と言えるのではないでしょうか。

残業時間が有り得ないほど長い

また、仮に残業手当てが支給されたとしても、常識的に考えて残業時間にも限度があります。

私が過去に転職したいと考えてとある転職エージェントを利用した際、そのエージェントが他の転職希望者と面談したらこんなことを口にしたそうです。

「月に残業が30時間もあるブラック企業なので、転職したいんです」

皆さんはこの残業時間を長いと感じますか?

私は決して長いとは感じません。常識の範囲内と言える残業時間だと思います。

月の出勤日数にもよりますが、残業時間が一ヵ月で80時間をゆうに超えるのなら、ブラック企業だと言えるでしょう。

一ヵ月の出勤日数が20日間なら、毎日4時間残業することになります。9~18時が定時なら毎日9~22時まで働くことになり、拘束時間は13時間です。

プライベートはままなりませんので、過酷な労働環境だと言えるでしょう。

休みがない!

各種手当てが支給されない、残業時間が異常に長いという点に加えて、休日出勤が多いのもブラック企業の特徴です。

ホワイト企業ならカレンダー通りの出勤日数になりますし、土日祝日はお休みとなることがほとんどでしょう。

時折休日出勤を求められるケースもありますが、そうした際には代休を取得させてもらえるはずです。

対照的にブラック企業では休日出勤は当たり前で、一ヵ月の休みが2~3日しかないケースが多くなります。

私が勤めていた飲食店のブラック企業は、毎日10時から24時半過ぎの終電ギリギリまで働かされて、二ヵ月間1日も休みをもらうことができない状況にありました。

その上「終電だから」という理由で帰宅しようとしたところ、上司から説教を受けて結局終電を逃がし、挙句上司は近くに住んでいたことから自分だけ帰るという不遇を味わったことがあります。

そこまでいけばブラック企業だと断定できると思いますが、そうではなくとも一ヵ月間の休日が3日以内の状況が続くようでしたら、ブラック企業だと考えて良いのではないでしょうか。

 

ちょっと待って!あなたの転職先は本当にブラック?

ブラック企業の特徴をご紹介いたしましたが、ここで大切になるのが「あなたの転職先が本当にブラック企業と言えるのかどうか」という点です。

労働環境を過酷と感じるか、条件面を不遇と感じるかは人によって違います。自身が苦しいと感じている状況が他の人にとってはそうでもないと感じられるのなら、ブラック企業とは言えない可能性が高くなるでしょう。

前述致しました残業時間の長さは代表的な例となりますが、その他にもブラック企業だと勘違いしやすい内容をお伝えいたしますので、心当たりがないか確かめてみてください。

上司との折り合いが悪い

仕事の上で労働環境や条件面の他に、人間関係で悩まされる方も多くいらっしゃると思います。

転職先の条件や仕事内容に惹かれて転職したのは良いけれど、同僚との関係があまり良くないというケースは少なくありません。

特に自分にとって直属の上司と関係があまり良くないと、仕事に対するモチベーションを高く保つことができず、出社したくないと考えてしまうでしょう。

しかし、それはあくまで上司との相性が悪いだけであり、企業に問題があるとは言えません。

他の方から見たらその上司は優れた人間である可能性もありますし、そうではなくとも上司よりもさらに上の人から、仕事面で評価されたことにより出世してあなたの上司になっているのです。

残業時間もさほど長くなく、お休みもしっかり取れて手当てももらえる環境であるならば、上司との折り合いが悪くてもブラック企業とは言えないでしょう。

異動してみて考える

しかし、だからと言ってそのまま働き続けるのもあまり精神衛生上良くはありませんので、再度転職を考える前に、社内での異動を申請してみてください。

社風にもよりますのでそう簡単に異動を希望できるとは言い切れませんが、風通しの良い会社ならあなたの悩みを受け止めてくれる可能性は充分にあるでしょう。

今在籍している部署内だけがあなたとの折り合いが悪いのかもしれませんし、特定の上司だけと相性が悪いことも考えられます。

社内異動なら労働環境や条件がそう大きく変わってしまうこともありませんので、異動してみて働きやすさが改善されるのならそれがベストだと言えるのではないでしょうか。

もしそれでも改善されない、仕事に行きたくないと思えるのなら再度転職を考えてみるのも良いでしょう。

 

ブラックかどうかを見極める方法とは?

ご紹介いたしました内容から、実際に働いている転職先がブラック企業かどうかはある程度見極められると思いますが、できることなら転職前の段階から希望している企業がブラック企業かどうかを見分けられたほうが良いと思います。

完全ではありませんが、ある程度転職前の段階でブラック企業かどうかは見分けることが可能ですので、まだ転職が決まっていないという段階の方は参考にしてみてください。

職種から考えて待遇や条件に信憑性があるかどうかを考えてみましょう。
希望している企業の職種から考えて、提示されている待遇や条件面からブラック企業かどうかを判断することは可能です。

たとえば私が勤めていた飲食店はその最たる例と言えますが、飲食店店長として働ける企業の求人内容を見たとします。

「残業ほとんどありません!休日はカレンダー通りでプライベートも充実!」

上記のような謳い文句が記載されていた場合、信憑性が低いと感じられる方は多いのではないでしょうか?

飲食業界の稼ぎ時は金曜日や土曜日の夜です。例外として考えられるのは、オフィス街に軒を構えるランチ営業メインのお店くらいだと思います。

それ以外のお店の大半は夜や休日にお客さんを獲得したいと考えますので、土日にしっかりと休める飲食店はそうそうありません。

また、残業がない飲食店も有り得ないと考えて良いでしょう。

飲食店の運営は基本的に、正社員数名とアルバイトスタッフで行われています。正社員はともかく、アルバイトスタッフは自身の都合を優先する人が多くなりますので、急な欠員が出たり休みたい時に休めないことも大いに考えられるでしょう。

そういった関係から一日の労働時間が長くなることも想像に難くはありません。

飲食業界以外にも、個人を対象とした営業職なども当てはまる部分と言えますので、職種から考えて提示されている待遇や条件面が本当に信用できる内容かどうか、転職前に客観的な目で判断してみてください。

 

それでも転職先で働き続ける...そのメリット・デメリットは?

続いて、いざ転職した先がブラック企業だった場合、そのまま働き続けるとどんなメリットとデメリットが考えられるでしょうか?

どれだけ待遇や条件面が悪くとも、働く以上は少なからずメリットがありますので、そのメリットとデメリットをよく理解し、転職するべきかどうかの判断材料にしてみましょう。

出世しやすいのは明確なメリット

まず考えられるメリットとして、ブラック企業である以上はその企業の離職率は非常に高い水準で保たれていると思います。

新しく入社した新人が3日後には来なくなるというケースも少なくはありませんので、長期的に働き続けることができる人はそう多くはないでしょう。

その関係から、自身の上司にあたる人も早期に退職する可能性が高くなります。

働き続ければ通常の企業と比較した場合、出世しやすい傾向にあるのではないでしょうか。

もちろんすべてのブラック企業が出世しやすいわけではありませんが、実際に私は飲食店の正社員として働き始めた半年後には、店長補佐の立場に昇格しました。

上の立場にいる人がどんどん少なくなっていき、実績も残しやすい環境にあると考えると、出世欲が強い人はブラック企業でも大きなメリットがあると考えられるでしょう。

給料が高い

こちらもすべてのブラック企業が当てはまるとは言い切れませんが、1つの特徴として考えられる部分だと思います。

ブラック企業に転職した場合、基本給が比較的高く、手当てなどを受け取ることができなかったとしても薄給で働き続けなくてはいけないことはあまりありません。

企業側からしても、すぐに人が辞めてしまう関係から多少なりとも給料を高くしても人材を確保したいと考えている傾向にありますので、ブラック企業の基本給は平均すると高いと言えるのではないでしょうか。

お金を使う暇もないくらいに働くことになりますので、意識しなくてもお金が貯まるのもブラック企業ならではのメリットと言えるでしょう。

次にデメリットに関して。

プライベートな時間がないのはデメリット

当然ではありますが、ブラック企業に転職してしまった場合、多くの時間を会社で過ごさなくてはいけなくなりますので、プライベートな時間はあまり確保できません。

出社して長時間労働をこなし、帰宅してはすぐに寝てまたすぐに出社してを繰り返さなくてはいけなくなりますので、遊ぶ時間も趣味に没頭する時間もないでしょう。

仕事をする目的をどういった点に定めているかにもよりますが、オンオフをしっかりと区別させて仕事もプライベートも充実させたいと考えている方でしたら、ブラック企業ではその目的を達成することはできないと思います。

「とにかくお金を貯めたい」とか、「仕事以外何もしたいことがない」くらいの方ではない限り、プライベートな時間も確保したいと考えるのが普通ですので、明確なデメリットと言えるでしょう。

病気を患う可能性もある

最近ではうつ病を発症している方が非常に多くなっていると聞きますが、ブラック企業で心も身体も削りながら働いてしまうと、何かしらの病気を発症してしまう可能性が高くなります。

うつ病のみならず、円形脱毛症を引き起こす方もいらっしゃいますし、過労から来る貧血もブラック企業に勤めている多くの方が経験しているのではないでしょうか。

死に至る可能性も充分に考えられますので、身体と心を休める時間を確保するべきだと思いますが、ブラック企業ではそれもままならないのが現状です。

 

結局再転職すべき?しないべき?

ブラック企業で働き続けるメリットとデメリットを加味した上で、「結局、転職するべきなの?しないべきなの?」と感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

結論からお伝えすることになりますが、私は転職をオススメします。ブラック企業で働き続けるメリットよりも、デメリットの方が圧倒的に大きいからです。

転職してから再度また転職してしまうことで発生するデメリットも考えられますが、それでも転職をオススメ致しますので、ブラック企業に転職してしまった方はすぐにでも動き出してください。

短期間で転職を繰り返すのはたしかにデメリットだが…

転職してブラック企業に勤めたとしても、少なくとも数年はその企業で働き続けないと経歴に傷がつくと考えられると思います。

たしかに、いくら転職先がブラック企業だったとはいえ、たった一ヵ月で退職して転職活動をしてしまっては、他の企業からの心証は悪くなってしまうでしょう。

しかし、ひと昔前と比べると最近ではブラック企業の存在自体が広く認知されている傾向にあります。

さらに、年齢や経験的な面から考えるとブラック企業で無為な3年間を過ごすのなら、別の真っ当な企業で3年間働いて経験を積んだほうがキャリアアップにも繋がりますので、デメリットを補って余りあるメリットを感じられるでしょう。

さすがに3日間だけ働いてブラック企業だったと断定するのは早計だと思いますし、そこまで極端に短い勤務期間なら経歴にも書けないと思いますが、再度転職先を探すのなら早いほうが良いと思います。

 

ブラック企業からの転職理由を面接で上手に伝える方法

ブラック企業で働いた期間が短いと、どうしても再度の勤務先を見つける際に答えづらい質問をされることがあります。

それは「なぜ前職は○ヶ月という短い期間で辞めてしまったのですか?」という質問です。

ハッキリと「ブラック企業だったからです」と答えても面接担当者から良い反応を得られることは経験上有りませんので、より具体的に且つ上手な回答を備えておきましょう。

「ブラック企業」という言葉はNG

こちらは私が転職エージェントを利用した際に教えてもらった、とても印象的な言葉なのですが、転職活動を行って企業の面接担当者と面接を行い、前職の退職理由を答える際に「ブラック企業」という言葉を使ってはいけないそうです。

ブラック企業の境界線はこちらの記事でご紹介いたしましたが、すべての方がその境界線を明確に持っているわけではありませんし、場合によっては忍耐力がない人間だと思われてしまう可能性もあります。

大切なのは前職のどういった部分が不条理だと感じられたのか、条件面や待遇で満足できなかったのかをしっかりと答えることです。

どんな風にブラックだったのかを答える

「ブラック企業」という言葉を使わずに前職の退職理由を答える方法として、どんな風にブラックだったのかを伝えるのがもっとも効果的だと言えるでしょう。

「仕事内容にやりがいはありましたが、残業が月に100時間を超えて手当ても頂けず、休日出勤も日常茶飯事だったことから、もう少しプライベートを考えられる職場で働きたいと考え退職いたしました」

あくまで一例となりますが、上記のような回答内容でしたら面接官の心証も悪くなることはないでしょう。

完全に前職の企業を批判するのではなく、具体的に不満に感じていた点を理由に退職をし、その上で自身が残業や休日出勤に多少なりとも耐性があることをアピールできますので、活用してみてください。

 

まとめ

いかがでしたか?ブラック企業の境界線から自身の転職先がブラック企業に当てはまるのか、少しは参考にしていただけましたでしょうか?

もしまだ明確に転職先がブラックかどうか判断ができないという場合には、同僚や先輩に相談するのも効果的な方法だと思います。

役職に就いている方だとなかなかそういったお話はできませんが、自分に近い立ち位置にいる方は本音で向き合ってくれるケースが多くなりますので、自分以外の人がどう感じているのかを知れると思います。

何はともあれ、転職先がブラック企業ならその会社からは早く離れたほうが良いと思いますので、充実した毎日を送るためにもホワイト企業への転職を目指しましょう。